TOPICS トピックス

2022.09.22

子宮筋腫について【よもぎハーバル協会】

こんにちは。

一般社団法人 よもぎハーバル協会代表理事の鈴川です。

 

今日は、婦人系疾患の1つ「子宮筋腫」について詳しくお伝えします。

 

かなりの多くの女性が悩まされていますので、何かのお役に立てればと思います。

 

 

 

子宮筋腫とは

子宮筋腫はそんなに珍しくない腫瘍です。

 

30歳以上の女性の20-30%、4人に1人がかかり、比較的若い方から閉経後の方まで高度に見られます。

 

腫瘍と聞くと怖く思う方がいると思いますが、悪性腫瘍ではありません。

 

特に症状もないことから、健康診断で偶然指摘されることや貧血や痛みなど様々な症状で見つかることが多いです。

 

筋腫の大きさや発生する位置はさまざまで、発現する症状も異なります。

 

子宮筋腫ができる原因ははっきり分かっていませんが、女性ホルモンの作用によって大きくなると言われています。

 

閉経後には筋腫は縮小していきますので、筋腫による不快な症状もだんだんと消失していきます。

 

 

症状

症状としては、過多月経、過長月経、月経痛、貧血などがあります。

 

その他にもまわりの臓器を⼦宮筋腫が圧迫することによって、頻尿・便秘・腰痛などもあらわれます。

 

子宮筋腫の発生場所によっては、受精卵の着床を妨げたり、卵管の通過障害となったりして、不妊症の原因となることもあります。

 

月経についてはこちらのブログをご覧ください。

 

月経について、、、⭐︎

 

 

検査

産婦人科において、問診、内診、エコー検査等の子宮筋腫の検査を行い、診断を受けます。

 

治療

薬物療法や手術療法があります。

 

状態によって治療方法は異なります。

 

最善の治療方法をかかりつけ医と相談し、納得の上で決めましょう。

 

 

 

予防

今現在予防方法は、見つかっていません。

 

しかし、婦人科の悩みの8割以上は冷えが原因ともいわれています。

 

しかし、現代女性で冷えている方は非常に多く、またそのような生活を送られています。

 

冷えは万病の元、冷えることで血流が悪くなると、十分な酸素や栄養が運ばれにくくなりますので、少なからず何らかの影響があるかもしれないこと、否定できません。

 

からだをあたため、巡らせることは、心身の健康を保つためにとても大切であり、見逃されがちなことでもあります。

 

 

以前のブログでも、身体をあたためる方法については触れています。

 

身体をあたためる食品…

 

 

以上子宮筋腫について、簡単に触れましたが、子宮筋腫かもしれない、もしくは実際今診断が下っている方にも「あたためること」が大事であることが伝わると幸いです。

 

 

よもぎ蒸しは、膣、肛門、子宮などから直接、また全身をあたためることから、私たち協会では最もオススメのあたため法。

 

 

よもぎ蒸し3つの効果…

 

 

よもぎハーバル健康法が気になる方、

 

また、あたためサロン、妊活サロンの経営に興味のある方は、よもぎハーバル協会の公式LINEよりお気軽にお問合せください。

 

毎月の説明会情報もこちらから↓

 

友だち追加

 

※体験されたい方はお近くの認定サロン、またはレンタル体験セットをお求めください

TOPICS